contents_landscape

フロントページ

オンライショップを開設しました


 

ようこそエナジーハーベストの世界へ

まず初めに、代表の私がなぜ「エナジーハーベスト」に注目してきたかについて説明することにしましょう。

時はうんと遡って小学生時代。学研の「マイキット」という電子玩具を親から買ってもらって学校から帰ったら来る日も来る日も遊んでおりました。木製のカバンの蓋を開けるとパネルにトランジスタや抵抗などの電子部品が張り付いており、部品の両端のバネに電線を挟んで配線して電子回路を組み立てる学習おもちゃです。その部品のひとつが太陽電池。太陽光に当てるとブザーが鳴るような回路が組めるようになっていました。将来は家電が太陽電池で動くようになるのかなと想像したものです。

時代は飛んで大学生時代。大学生協でのあるできごと。アフリカ系の留学生と思しき男性が電卓コーナーをじっと見つめて動かない。スタッフに何か話しかけて残念そうに立ち去る姿。スタッフに聞いてみると、太陽電池で動く関数電卓はないのか、と尋ねていたらしい。太陽電池だと四則演算の普通の電卓はあるのだが関数電卓はなかったんですね。日本では普通に手に入るボタン電池が彼の国では簡単には手に入らないのだと気づきました。

そして更に時代は飛んで無線会社を経営していたときのこと。飲食店で見かける呼び出しベルって電池周りのトラブルがものすごく多いんですよね。電池交換が必要なのはもちろんのこと、デザインや大きさが制約されるし電池の液漏れや飲食店特有の液体による汚れもあるし。

そしてThe dots are connected。ソーラーセルを始めとするエナジーハーベストで得られる電力は大きくなる方向、片や電子回路の消費電力は減る方向。エナジーハーベストで無線が飛ばせるようになりましたが、今後はエナジーハーベストでできることは増える一方でしょう。技術の進歩は誰にも止められませんから。

というわけで、本サイトでは特にEnOceanによるエナジーハーベスト無線技術の最新情報をお届けしています。

代表 服部俊幸

 

 

 

 

 

エナジーハーベスト無線技術で世界を救う~当社はEnOceanの無線モジュールに付加価値を付けたユニークな商品を提供しています